安心安全な無添加


最近高まってきている美への意識とともに高まっているのが無添加という言葉の認知です。今や食品から洗剤などさまざまな分野において使用されている言葉で、一般的に浸透しています。しかし、何をもってして無添加と呼んでいるかという定義に関してはその知名度と比較するとまだまだ浸透していないのが現実です。

無添加とは、その名の通り添加物が無い、ということを指します。代表的なものを上げると防腐剤着色料など、特定の物質を使用していないということで、私たちの体にとって負担になりにくいものとして好まれています。食品などで無添加と目にすると、安心して摂取できると支持されるのと同じように、化粧品にも無添加のものがあります。普段、お手入れの中で毎日肌に使用する物だからこそ、できるだけ負担を軽減し肌によいものを使いたいという人の口コミなどでその知名度はどんどん上がっています。

化粧水などだけではなく、無添加のスキンクリームもあります。防腐剤アルコール合成着色料などといったものを使わず、できるだけ天然由来のものを使用しているため、肌への負担を減らしながらしっかりとしたうるおいやハリを得ることができると愛用している人も少なくありません。